民泊の宿泊予約サイト(OTA)の手数料と特徴まとめ 

数ある宿泊予約サイト。ホスト側として気になるのはやはり手数料はいくらなのかという点だと思います。国内の宿泊予約サイトは安いという認識の方もいるかと思いますが、果たしてそうなのでしょうか?本日は国内、海外のOTAの有名どころの手数料とその特徴を比べてみました。比較として、民泊は出来ませんが国内のOTAの手数料も掲載。どこに注力するのかの参考にしてみて下さい。

 

OTAの手数料と特徴まとめ

 

OTA 合計手数料
エアビーアンドビー 3-5%
ホームアウェイ 8%もしくは
$349/年の選択制
アゴダ 通常12%
プリファード17%
国内9%
ブッキングドットコム 通常12%
プリファード15%
エクスペディア 事前払い15%
現地払い13%
シートリップ 事前払い15%
現地払い12%
楽天トラベル 一人利用 8.64%-10.64%
二人以上9.99%-11.99%
じゃらん 一人利用 8%-10%
二人以上10%-12%
楽天ライフルステイ 運営代行込みで
25%
※プリファードとは、一定の基準を満たした有料施設のみが参画できる上位掲載プログラム
※楽天トラベルは2019年4月からの新手数料

 

実質民泊を掲載出来るOTAは上記の内、エアビーアンドビー、ホームアウェイ、アゴダ、ブッキングドットコム、シートリップ、ライフルステイの5社。これだけ見ると、楽天ライフルステイ激高だなと思ってしまいますが違います。ライフルステイはOTAの側面もありますが、実質運営代行会社です。集客は提携する楽天トラベル、Booking.com、HomeAway、AsiaYo!、Tujia、Yanolja等で行っていきます。

 

通常、運営代行会社は10%-20%の代行手数料+予約サイトの手数料3-15%で合計13-35%の手数料となりますので、ライフルステイはちょうど真ん中位でしょうか。

 

運営代行はさておき、OTAとしてはエアビーアンドビーの安さが目立ちます。ホストにとっては安いので登録が殺到するのですが、結果的に競合多数でなかなか予約が入りにくくなってきているのが現状です。その為、最近ではエアビーアンドビーと平行して他OTAでも販売するのが一般的になってきてきます。

 

他OTAでも販売する場合のオーバーブッキング回避方法は下記をご参照下さい

 

沖縄での民泊の運営に不可欠!チャンネルマネージャーの選び方

 

 

OTAごとの特徴

手数料だけでは分からないOTAごとの特徴も一覧にしてみました。高い手数料を払ってでも掲載するべきOTAはどこなのかの判断材料にどうぞ。

 

OTA 特徴
エアビーアンドビー 世界最大の民泊プラットフォーム
競合民泊が多くなり、予約が取りにくくなってきている
ホームアウェイ エアビーアンドビーに次ぐ民泊プラットフォーム。エクスペディア傘下
アゴダ ホテルも民泊も掲載。タイを中心にアジアに強い
ブッキングドットコム 宿泊予約では世界最大のOTA。ヨーロッパ発祥だが
アメリカと中国以外の世界中で集客力有り。民泊も掲載中
エクスペディア アメリカでは抜群に強いが他地域では若干力不足。民泊は傘下のホームアウェイで掲載
シートリップ 中国ダントツのOTA。中国の集客では外せない。民泊始めなんでも有り。
楽天トラベル 国内最大のOTA。民泊新法後は楽天ライフルステイから民泊も掲載予定
日本人を取り込む場合は必要
じゃらん 民泊掲載不可
楽天ライフルステイ 民泊予約サイトでもあるが、実質は民泊運営代行会社
今後立ち上がる会社なので要注目

 

 

目的別OTAの組み合わせモデルケース

 

どのような方針かによってどのOTAを使うかは決まってきますが、下記のような組み合わせになるかと思います。依頼する運営代行会社に下記のOTAのみで販売したいと言えば対応してくれるでしょう。

 

  • 極端まで稼働を高めるなら

エアビーアンドビーとブッキングドットコム、アゴダ、シートリップの4社をBeds24で繋いで同時販売

 

  • アジアを中心に取り込むなら

アゴダ

 

  • 成長著しい中国に力を入れるなら

シートリップ

 

  • 世界住から満遍なく取り込むなら

エアビーアンドビーとブッキングドットコム

 

  • とにかく楽をしたいなら

楽天ライフルステイに依頼

 

6月15日以降は家主が同居していない民泊は代行会社に依頼する事が必須になります。つまり自分で運営する事が出来なくなります。自分でやる場合は、自身が「住宅宿泊事業者(民泊業者)」の登録を受けた上でやる必要があるのです。実質的にライフルステイ等の代行会社に依頼する必要が出てきます。

 

どの代行会社に依頼するかについては、下記も参考にしてみて下さい。

 

沖縄県 民泊運営代行業者まとめ

 

 

おまけ 掲載順位を上げる裏ワザ広告

裏ワザまではいきませんが、サイト内で上記表示させる為の広告にはこんなのもありますよという情報。高くつくのでなかなか手は出せませんが、大手ホテルなんかはこんなのにも参画しているんです。ご参考までに

 

OTA その他広告費用
エアビーアンドビー
ホームアウェイ
アゴダ アゴダ保証プログラム22%
ランキング広告 1位300万
2位150万,3位110万 /月
ブッキングドットコム
エクスペディア バナー広告(地域によって変動)
72時間セール(毎週火、水、木)
シートリップ ランキング広告
(ゴールドメダル 15%以上の他OTAとの価格差
シルバーメダル 10%以上の他OTAとの価格差)
楽天トラベル 2019年4月1日以降からは新手数料
じゃらん フォトアルバム利用、その他拡張機能24万円/年
ランキング広告
楽天ライフルステイ 提携するOTAへの手数料込み

 

以上、手数料とOTAの特徴のご紹介でした。

 

どのOTAが大きいの?と気になった方は下記も参考にしてみて下さい

 

OTAビッグ4 どこで販売するのが一番いいの? 世界の宿泊予約サイトの規模を比較してみた

 


 

民泊の宿泊予約サイト(OTA)の手数料と特徴まとめ ” に1件のコメントがあります

コメントする