マイズインバウンド株式会社 | ホテルコンサルティング・宿泊施設運営代行

【Mr.KINJO】レンタルホテル月額38,000円!! 隠された本当の狙いとは!

最終更新日 : 2021年5月18日

あの格安ホテルチェーンMr. KINJO(ミスターキンジョウ)が「Mr.KINJO RENTAL HOTEL」として月額38,000円〜のレンタルホテルサービスをリリースしました。あのミスキンのやる事だから何事か!と沖縄県内ホテル業界はざわついています。そこで本日は、「Mr.KINJO RENTAL HOTEL」の概要と、その本当の狙いを掘り下げていきます。

「Mr.KINJO RENTAL HOTEL」とは

「住まいのようにホテルに宿泊できる」をコンセプトに下記の内容で各地のMr. KINJOホテルを貸し出すサービスです。

ウェブサイトにある記載は下記

■ 1room/1ヶ月 ¥38,000~(管理費¥1,000-)

■ 敷金・礼金なし

■ 家具・家電付き

■ 那覇市内 好立地

■2月入居、賃料無料

※1年定期賃貸借契約

(詳細条件お問い合わせください)

住まいのようにホテルに宿泊できる新サービス「Mr.KINJO RENTAL HOTEL」について

Mr. KINJOの不動産部門のページを見ると、既にMr. KINJOホテルが並んでいます。実際の価格は38,000円〜44,000円と格安です。

Mr. KINJO不動産

月額38,000円となると、1日当たり1,277円なのでゲストハウスよりも安く驚異的ではありますが、実はこれにはカラクリがあります。そこを元OTAで元不動産屋の著者が解説致します!

レンタルホテルの裏側

ネーミングが「レンタルホテル」なのでホテル業界の新たな革命か!!と思ってしまいますが、「1年定期賃貸借契約」とあるように、実際には賃貸事業への業種転換です。いわばコロナが収まるまで一部賃貸事業を開始しますという事です。

「1年定期」として、コロナが収まるであろう1年後には宿泊業に戻る布石も打ってありますね。

38,000円という価格だけが注目されていますが、賃貸契約なので、普通のアパートを借りるのと同じで、下記のような費用が別途かかってくるのです。

  • 仲介手数料 家賃の1ヶ月分
  • 保証会社 15,000円
  • 火災保険 15,000円
  • 退去時クリーニング代 25,000円
  • 光熱費

さらに、1年定期賃貸借契約なので、1年以内の退去には違約金が発生します。

確認した所、Mr. KINJOの場合は、4ヶ月未満での退去には家賃の1ヶ月分の違約金が発生するそうです。(4ヶ月以上の賃貸の場合は発生しない)

つまり、月額38,000円の部屋をで1ヶ月だけ借りようと思った場合、総額で下記の費用が発生するのです。

  • 家賃 38,000円
  • 管理費 1,000円
  • 仲介手数料 38,000円
  • 保証会社 15,000円
  • 火災保険 15,000円
  • 退去時クリーニング代 25,000円
  • 光熱費 約10,000円
  • 違約金 38,000円
  • 合計 約180,000円

全然安くない!!!!

但し、ちゃんと1年借りた場合だと大分安くなるかと思います。一般的な家具家電付き賃貸だとモノレール沿線で7〜8万円ですので、38,000円は破格です。

ちなみに、普通にMr. KINJOをホテルとして予約すると、今なら1ヶ月10万以下で借りれます。30日未満の場合は、面倒な賃貸借契約も不要です。

新サービスが業界に与えるインパクト

以上から、新サービスは1ヶ月程度のマンスリー事業としては大ゴケするのは確実です。

4ヶ月から1年の中期賃貸としての需要は取り込めるかもしれませんが、そういった需要はそこまで多くない上に、ホテルには直接関係の無いマーケットでしょう。マンスリーのレオパレスさんからすると黒船かもしれません。

うまいこと当たって、Mr. KINJOホテルが一斉に賃貸に移行してくれれば

宿泊用のMr. KINJOの部屋が減る=宿泊単価が上がる

という方程式も成り立つので、少し期待していましたが、それも難しそうです。

これまで通りホテルの価格破壊は継続していきそうですね。

ホテルMr. KINJOの料金

では実際にホテルとしてのMr. KINJOは市場でどれくらいの位置づけなのでしょうか。

3月の平日に大人1名で那覇市に1泊宿泊する場合の料金を調査して、安い順に並べてみました。

※ゲストハウスやカプセルホテルのドミトリーは除いています。

赤がMr. KINJO

順位名前料金
1HOTEL StoRK 那覇新都心2,470
2Mr. Kinjo in Makishi3,300
3ホテル国際プラザ(国際通り)3,420
4Mr.KINJO inn Sky Harbor3,500
5Mr.KINJO One Style Makishi3,500
6MrKINJO Miki24 in front of Makishi Station3,500
7T スタイル3,500
8ホテルリブマックス那覇3,510
9Sumuka Shintoshin 5013,563
10Mr.KINJO inn NAHA3,600
11スマイルホテル那覇シティリゾート3,750
12コンフォートホテル那覇県庁前3,780
13Mr. Kinjo in Matsuo3,850
14Mr. Kinjo Violette 空港前3,850
15Mr.KINJO in Miegusuku3,850
16Mr.KINJO in Nahakita3,850
17Mr.KINJO in NAMINOUE3,850
18Mr.KINJO LINK in KUME NAHA3,850
19N’s Portside 泊3,850
20ミスター金城 イン 壺川3,850
21ミスター金城 イン 美栄橋3,850
22メルシェル辻3,850
23ホテルリブマックス那覇泊港3,856
24アパホテル 那覇3,900
25Simple Stay Makishi / Vacation STAY 450133,920
26ルートイングランティア那覇3,920
27メゾン こがね 4B3,927
28メゾン こがね 5A3,927
29Good Life Apartment ( Okinawa )3,960
30Mr. Kinjo in Arcade3,960
31スマイルホテル沖縄那覇 (泊港)3,960
32Mr. Kinjo in Sakaemachi4,000
33Mr. KINJO イン AirPort4,000
34Mr.KINJO in Color’z Kuninda4,000
35Mr.KINJO in MATSUYAMANNA4,000
36ミスター金城 イン D-buil4,000
37ミスター金城 イン 久米4,000

那覇市内全300件の一覧はこちら

最安値付近に多くのMr. KINJOホテルが並んでいるのが見て取れます。掛ける30泊して頂ければ1ヶ月分の料金が出ます。レンタルホテルの料金の約半額。

4000円以下で抽出しても、37軒ものホテルが並びます。ホテルですので、全てコミコミの料金です。

マーケット全体の価格がおかしな事になっていますが、その先導を切っているのがMr. KINJOなのです。周りのホテルも、近隣が安いので安くせざるを得ないのです。

競争の激しさがいかにマーケット料金に影響を与えるかを知って頂く為に、他の地域も調査してみました。

同じ条件で名護市でも調べてみた所、名護市では那覇市に比べ競争が激しくない事もあり、最も安い料金で4,000円となっています。

赤字がMr. KINJO

順位名前料金
1ミスター金城 イン ぐすく3,960
2ミスター金城 イン マタビー4,400
3ゲストハウス ウムサン4,675
4ホテルルートイン名護4,680
5Condominium Hotel Likka in Nago4,980
6ホテルさくらのファミリア名護5,300
7Liitle Island Okinawa 名護5,472
8ホテルトーマス名護5,590
9ホテル アイオライト5,625
10Kariyushi LCH. Resort6,050
11スーパーホテル沖縄・名護6,210
12ホテル ゆがふいん おきなわ6,320
13ゲートイン名護6,400
14HOTEL HOUKLEA6,600
15白浜ホテル6,930
16グリーンリッチホテル沖縄名護7,000
17沖縄サンコーストホテル7,935
18Skyterrace Nago9,003
19ホテル リゾネックス名護9,380
20ホテル ハイビスヤブ10,000

1万円以下で抽出しても20軒と、那覇市に比べて競合ホテルが多くない事がわかります。

競争って恐ろしい。。。

差別化が必要

ホテル事業でしばらく需要が見込めない為に、単純に

「あのミスキンがレンタルホテル??よし!うちも続け!!」

というのは悪手です。観光客が見込めないので中長期滞在ゲストを取りに行くという選択肢は良いのですが、先に説明した通りMr. KINJOのレンタルホテルは、一般の賃貸事業です。しかも1ヶ月程度で借りると高い。ただ単に真似してもコケます

結局はこれまで通り、ホテルとしてのMr. KINJOとは戦っていかなければいけないのですが、その為にはMr. KINJOのホテル部門と競合しないようにする事が必要になります。

Mr. KINJOホテルのの特徴をあげると

  • 1ルーム
  • ダブルベッド 
  • 1〜2名用
  • 単身向け
  • シンプル
  • 宿泊特化
  • 家具家電付き
  • 激安
  • 好立地
  • 駐車場無し

これと競合しない特徴をあげると、

  • 1LDKやそれ以上の広めの部屋
  • 3名以上
  • ファミリー向け
  • 宿泊以外の付加価値
  • デザイナーズタイプでオシャレ
  • 食事付き
  • 駐車場付き

になるのではないかと思います。これに当てはまるのであれば、対抗出来るでしょう。

ただし、3名以上は、コロナで密が避けられる昨今はあまり需要がありませんのでご注意下さい。

Mr. KINJOの本当の狙い

Mr. KINJOは何故コケると分かっているマンスリー事業を始めるのでしょうか。恐らくですが、Mr. KINJOの狙いは1年間月額38,000円で貸し出す事ではありません。

本当の狙いは、広告効果です。

  • 「レンタルホテル」というパワーワードを使用
  • 38,000円という破格値で各種メディアに取り上げられる事を狙う
  • 実際には1ヶ月では高過ぎるので借りる人は殆どいない 
  • 名前が全国に知れて、内地企業の中長期のワーケーション潜在層にリーチ
  • あわよくば直接予約でOTAを通さずに中長期の直接予約を取り込める

というのを狙っているのではないでしょうか。そこまで深く考えていなくとも、「Mr. KINJO」という名前の宣伝効果は相当に高かったものと思われます。

実際、価格のインパクトから各メディアに取り上げられて大きく報道されています。

「レンタルホテル」開始 Mr.KINJO運営のMR 月、年単位で貸し出し 2021年2月14日 琉球新報

那覇「Mr.KINJO RENTAL HOTEL」オープン 月額3.8万円から「ホテルをセカンドハウスに」 2021.02.11 ホテルバンク

Mr.KINJO、那覇市内で月額3.8万円からの「レンタルホテル」 2月は賃料無料 2021年2月10日 TRICY

問い合わせも多いでしょう。これをリスティング広告で行うとなるとかなりの額になっていたはずです。

ホテルバンク、TRICYは記事広告かと思いますが、この記事を見た業界人がツイッターやフェイスブックで拡散してくれる効果があります。シェアしたくなる程にインパクトのある金額設定なのです。

OTAを通さずに直接予約を取り込むとなると、OTAより料金を大幅に安くするか、多額の広告費用を投入する必要があるのですが、「レンタルホテル 月額38,000円」というフレーズ、全国にタダで広告を出したようなものなのです。

金城太一、恐るべきビジネスセンス。。。

実際のMr. KINJOの那覇市内の最安値料金3,000円だと、1ヶ月9万円。マンスリーで20%引きになっても72,000円です。このあたりが現実的な最低ラインでは無いでしょうか。これだとそこまでインパクトが無いので、メディアにも取り上げられません。

今回のMr. KINJOレンタルホテルは、うまくメディアを利用した広告で、戦略勝ちといえるでしょう。

県内ホテルとしては、Mr. KINJOの新サービスが大当たりしてしばらくホテル業界から遠のいてくれた方が単価が上がって嬉しいではあるのですが、実際には単泊ゲストは元より、最近増えて来ていたウィークリー、マンスリーのゲストもごっそり持っていかれるのかと思うと、苦しい日々が続きそうです。。。

コメントする