宮古島の下地島空港の状況が気になったので、現地に行って確かめてきた(画像有)

かねてからポテンシャルのある地域としてオススメしている宮古島。観光地としての魅力もさることながら、今後の発展は2019年開港予定の下地島空港による所が大きいのです。

今後来るのは宮古島だ!と言い続けている以上、下地島空港の状況もお伝えしないといけません。そこで今回は現地まで行って下地島空港現在の状況を確かめて来ました!画像もありますので、今後宮古島で宿泊関連をご検討の方は参考にされて下さい!

 

(追記)2018年9月現在の下地島空港の状況はこちらでもご紹介しておりますのでどうぞ!

 

宮古島のポテンシャル

 

宮古島の魅力については、過去にご紹介していますので、お時間ある方はご覧下さい。

 

沖縄で民泊始めるならここが熱い!大手企業も注目する意外なあの場所を取材してきた

 

トリップアドバイザーの宮古島ランキング急上昇! その理由を解説します

 

宮古島トゥリバー地区のポテンシャル!!30年前の●●地区と全く同じ状態!という事は30年後が予想出来るという事だ!

 

上記リンクで度々ご紹介している通り、沖縄県の中でも今後最も伸びるエリアだと思います。しかも宮古島は海外直行便が無い事もあり、クルーズ船を除く宿泊を伴う観光客は殆どが日本人。今後新空港開港で外国人観光客が増えると考えると、さらに伸びて行く事が予想されます。

 

下地島空港とは

 

下地島空港は主にJAL,ANAの訓練用空港として使われていた空港。新空港とはいっても、もともとは1980年から存在する空港です。訓練用というだけあって、その規模はかなりのもの。現在民間利用されている新宮古島空港の滑走路が2000mなのに対し、下地島空港は堂々の3000m!ジャンボ機の訓練にも利用されていた事を考えると当然かもしれませんね。ちなみに、那覇空港も同じ3000mです。これだけの空港が殆ど利用されずに既にあるんです。現在でもたまーーーに訓練で利用されているようですが、殆ど未使用状態。それが下地島空港

 

場所はここ

 

 

下地島は以前は宮古島からフェリーでしか行けない場所でしたが、2015年に伊良部大橋が開通してからは車で宮古島の行き来が可能。宮古島市街地までグーグル・マップで約30分。実際に走ると道も空いている所なので、飛ばせば20分程度で到着してしまいます。市街地に近い非常にいい場所にあるのです。

 

下地島空港の今後

 

報道でも発表されている通り、三菱地所が運営に乗り出す事が決まり、2019年3月に利用開始が予定されています。噂では海外直行便、LCC、チャーター便等が主に利用するようです。

 

三菱地所、下地島空港の旅客ターミナル建設着工、2019年3月開業予定

 

三菱地所/ホテル・空港事業を強化/担当部署集約、4月1日に専門事業グループ新設  [2018年2月19日1面]

 

リンクにもある通り既に着工が開始されていますが、報道ばかりではアテにならん!という事で今回は現地に行って実際の状況をカメラに収めて来ました!

 

下地島空港の現状とは!

 

能書きはコレくらいにして、現地の画像をご紹介します。

 

いざ、潜入開始!

 

下地島空港に向かう道路。左側の建物は旧空港管理事務所。奥に見えるのが新空港ターミナル建設現場です。

 

管理事務所には人もいて現在でも利用しているようです。

 

 

管制塔もしっかり存在しています。バックの暗雲が空港の今後を描写しているようでちょっと怖い。。。

 

さあ到着!肝心の空港はどこまで出来ている??!!!

あれ?建物が。。。。無い。。。場所間違ったか?と思って警備のおっちゃんに聞いたら、ココで間違い無いようです。

ちゃんと表示もあるので間違い無さそう

 

あまりの出来てなさっぷりにおっちゃんにちゃんと完成するのかふってみたら「来年3月までに出来るかね〜?」と(笑)2018年10月に着工したばかりなのでまだこんなものなんでしょうか。建物って、基礎固めて立ち上がり始めると結構早く出来上がるので、今後に期待!

 

一応、旧ターミナル付近も整備工事をしていました。旧ターミナルも幾分利用するのでしょう。

 

 

 

空港近隣の状況

空港に向かう途中、新空港を見越して多くの宿泊施設やカフェが営業中+建築中でした。橋でつながっていて海に面しているという点で、沖縄本島の古宇利島にそっくり

 

オーシャンビューの土地もまだまだ空き地なので、今後かなりの数の建物が建つことが予想されます。

 

 

開港は予定よりもう少し後

工事の状況はご理解頂けたかと思います。合わせて画像で紹介した通り、宮古島は新空港開港に向けて、ホテルが建設ラッシュ。実はこれが工事遅延のもう一つの原因になりうる点なんです!宮古島全体では工事関係者が全然足りておらず、どこも工事に遅れが出ているのが現状です。さらに、自衛隊の宮古島配備が決まり、自衛隊宿舎の建設等も動きがあるようでさらに工事の遅れが予想されます。自衛隊関連となると、圧力で優先されそうなので、民間工事は後回しになる可能性も。。。

こんな状態ですので、新空港開港は2019年3月には間に合わないと予言しておこう!勘ですが、開港は2019年後半になるとここで公言しておく(笑)

ただ、開港する事は間違い無いので、宮古島で民泊や宿泊業を始める方は今から動き出しておいた方がいいですよ。宮古島は絶対に大爆発します!

 

 

このエントリ公開後、非常にアクセスが多かったので、2018年9月に再度下地島空港を訪れて最新の状況を取材してきました!

その状況は冒頭でもご紹介しましたが、下記でご確認頂けます!

 

下地島空港(宮古島)現地リポート第二弾!!工事が遅れるであろう3つの原因が判明!!(画像有)

 

 


 

宮古島の下地島空港の状況が気になったので、現地に行って確かめてきた(画像有)” に4件のコメントがあります

  1. 昨年から、泡瀬で簡易宿泊所「コンドミニアム青い山脈」を始めております。貴殿の情報は、大いに参考になります。引き続きよろしくお願いします。
    因みにaoisannmyaku.wordpress.com Facebook michio sunagawaです。

    • 砂川様
      参考にして頂き、どうもありがとうございます。
      青い山脈様も簡易宿泊所を営業されているという事ですので、インバウンドをもっともっと受け入れて沖縄を盛り上げて頂ければと思います。
      これからもお役に立てるような情報を発信していきますので、今後ともどうぞ宜しくお願い致します!

コメントする