クレジット決済のワンペイがパワーアップしてスクエアを超えてしまったので紹介する!← その後サービス終了宣言

2018年5月26日追記

復旧したワンペイメントが、なんと!サービス終了を宣言しました。。。利用者宛に下記内容のメールをお送りしています。

https://mailchi.mp/1c3f06e53804/onepayment?e=bed08dbd63

 

マイズみんぱくでも推していたサービスだけに非常に残念です。

 

7月末にはサービスを完全停止するとの事ですので、ご利用中の方はそれまでに出金をお済ませ下さい。

 

創業者の山内氏はたしかまだ高校生だったので、今後さらに凄いサービスを創り上げてくれる事を期待しています。

 


2018年4月27日追記

一時的に停止してたワンペイメントが復旧したようです。これでスクエアを凌ぐ最強の決済アプリの誕生です!

 

ONEPAYMENT 再開のお知らせ
一時停止しておりましたONEPAYMENTですが、2018/4/20 20:00 の時点で配信再開及び全機能の再開をいたしました。
大変ご迷惑をおかけし申し訳ございません。
これからのONEPAYMENTをどうぞよろしくお願いいたします。
ONEFINANCIAL CO., LTD. CEO
山内奏人
https://medium.com/one-financial-blog/onepayment-%E5%86%8D%E9%96%8B%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B-dec60185e396

 


2018年4月17日追記

オススメしていたワンペイメントですが、同社から下記の案内があり現在サービスを停止しているようです。

ONEPAYMENT 一時停止のお知らせ
ONEFINANCIAL社が提供している決済サービスONEPAYMENT(ONEPAY)の新規登録・決済・出金を 2018/4/12 18:00 をもちまして一時的に停止させていただきます。
ONEPAYMENT(ONEPAY)はStripe社(https://stripe.com/)のAPIを利用して運営しておりましたが、現在ONEPAYMENT(ONEPAY)の不正利用リスクが高いとしてStripe社から出金APIの利用を停止されております。
現在、本件につきましてStripe社に問い合わせ中です。今後のサービスにつきましては追って発表させていただきます。
ご不便をおかけし大変申し訳ございません。
https://medium.com/one-financial-blog/onepayment-%E4%B8%80%E6%99%82%E5%81%9C%E6%AD%A2%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B-a51043f06e68

 

非常に便利なサービスなだけに残念です。早期復旧を願っております。


以下 オリジナル記事

 

 

民泊におけるクレジットカード決済について以前にオススメ3選を紹介させて頂きましたが、その中の一つワンペイがパワーアップして大変な事になっていたので改めて紹介させて頂きます。

 

以前に紹介した内容

 

前回紹介した内容は下記でした

 

スクエア ストライプ ワンペイ
手数料 3.75% 3.60% 5% + 出金手数料300円
導入のしやすさ ★★ ★★ ★★★
使いやすさ ★★★ ★★ ★★★
対面決済 カードリーダ(5,000円)をスマホに刺してカード読み込み。

その場合の手数料は3.25%

スマホのカメラでカード番号読み込み。

手数料は変わらず

スマホのカメラでカード番号読み込み。

手数料は変わらず

良い点 カードリーダを使えば手数料が安い。

メール請求書にも対応

手数料が安い 導入が最も簡単
悪い点 審査が厳しい スマホでチャージする場合、サードパーティ制アプリが必要。

手数料も別途かかる。

導入に少し手惑う。

手数料が高い
総合点数 ★★★ ★★

 

まとめると

 

  • 対面決済を頻繁に利用するならスクエア
  • 利用するのは非対面決済だけで、パソコンもいつも持ち歩いているというならストライプ
  • IT苦手というならワンペイ

 

という状況でした。あくまで過去の話です。

 

ワンペイは使いやすいけど手数料が激高なので総合オススメ度は低くなっていましたが、今回のパワーアップで、手数料がなんと!3.2%に引き下がったのです!名前もワンペイ→ワンペイメントに変更してのパワーアップです!名前はどうでもいい(笑)

 

ワンペイメント

 

今一度、各社を比較してみる

 

ウェブサイトでは楽天、スクエア、コイニーとの比較表も載っていたのでお借りしてきました。

上記の表はちょっと間違っているので訂正します。

スクエアは手数料3.25%

3.25%なのは決済端末で決済した場合の手数料です。ゲストがその場にいて、カードを端末で読み込んで決済する対面決済の事。端末無しでカード番号、有効期限、CVCコードで決済する非対面決済の場合は3.75%です。

端末手数料はコイニーは9,800円では無く、通常19,800円。ただ、頻繁にキャッシュバックキャンペーンをしているので、実質無料で導入可能。

 

それに比べ、ワンペイメントは非対面でも3.2%と大幅安!端末自体が無いので、端末が壊れたりバッテリーが切れたりという事もありません。そして何より使いやすいのです!

 

新しい比較表は下記になります。

 

スクエア ストライプ ワンペイメント
非対面

決済

手数料

3.75% 3.60% 3.2% + 出金手数料300円
導入のしやすさ ★★ ★★ ★★★
使いやすさ ★★★ ★★ ★★★
対面決済 カードリーダ(5,000円)をスマホに刺してカード読み込み。

その場合の手数料は3.25%

スマホのカメラでカード番号読み込み。

手数料は変わらず

スマホのカメラでカード番号読み込み。

手数料は変わらず

良い点 カードリーダを使えば手数料が安い。

メール請求書にも対応

手数料が安い 導入が最も簡単
悪い点 審査が厳しい スマホでチャージする場合、サードパーティ制アプリが必要。

手数料も別途かかる。

導入に少し手惑う。

無し
総合点数 ★★ ★★ ★★★

※全て月額固定費用は無料

※利用カードは3社ともVISA、マスター、アメックスで比較

 

 

各社シミュレーション

 

ワンペイメントのみ出金手数料があるので、金額別に実際に手数料がどうなるのかシミュレーションしてみました。

 

販売代金 実際の手数料
スクエア ストライプ ワンペイメント
1万円 375円 360円 620円
5万円 1875円 1800円 1900円
5.5万円 2063円 1980円 2060円
7.5万円 2813円 2700円 2700円
10万円 3750円 3600円 3500円

 

スクエアとの分岐点は55,000円。ストライプとの分岐点は75,000円。それ以上売り上げるのであればワンペイメント。それ以下ならスクエアもしくはストライプという事になります。

 

1泊1万円の民泊なら、月に6〜8泊なので、余裕でクリア出来るかと思われます。逆にクリア出来ていないと経営破綻します(笑)

 

よって、ワンペイメントに軍配! 使いやすさも手数料も端末が無い事も含めて、現時点ではワンペイメントが最強かと思われます。

 

ちなみに、ワンペイメントは、ストライプのAPIを利用して開発されたものなのに、本家ストライプより手数料が安いという謎。いずれにせよ、現在はワンペイメントの方が利用しやすいので、これから決済関連の導入を検討している方はどうぞ。

 

参考リンク

 

スクエア

https://squareup.com/jp/pricing

 

ストライプ

https://stripe.com/jp/pricing

 

ワンペイメント

http://www.onepay.tokyo/pay

 

以前のワンペイとはアプリが別になるようです。ワンペイメントのダウンロードはこちらから可能です。


 

クレジット決済のワンペイがパワーアップしてスクエアを超えてしまったので紹介する!← その後サービス終了宣言” に1件のコメントがあります

コメントする