那覇空港第二滑走路 2020年 新規就航情報 まとめ 2020年2月7日追加

2020年3月26日に共用が開始される那覇空港第二滑走路。期待される反面、意外と新規就航情報が出てこないのが気になる所です。そこで、このページでは那覇空港の新規就航情報を随時まとめて発信していきたいと思います。

現在の就航都市

2020年1月現在の那覇空港の現在の就航は下記

44都市46路線

(海外15都市15路線、国内30都市32路線)

国内

地域都市名
北海道・東北札幌、仙台
関東・中部・近畿東京(羽田、成田)、茨城、新潟、小松、静岡、名古屋、大阪(関西、伊丹)、神戸
中国・四国・九州岩国、沖永良部、広島、岡山、松山、高松、福岡、北九州、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、奄美、与論
沖縄石垣、宮古、久米島、北大東、南大東、与那国

海外

国・地域都市名
韓国ソウル、大邸、釜山
中国北京、天津、南京、上海、杭州、重慶
台湾台北、台中、高雄
香港香港
シンガポールシンガポール
タイバンコク

参考)那覇空港乗り入れ就航都市数

以下、新規就航の日付が 

新しい

古い 

順番で表示していきます。新規追加は随時上の方に追加していきます。

また、各就航都市の一人あたりGDPも記載していますが、日本の一人あたりGDPは約38,000ドルなので参考にして下さい。

2020年3月29日〜 那覇ー福岡
就航時期2020年3月29日
就航先福岡
便数/週7往復
航空会社名ソラシドエア
就航都市人口160万(2020年)
就航都市一人当たりGDP35,486ドル(2018年)

インバウンドでは無く国内線が来ました。しかもソラシドエア!福岡はドル箱路線と言われるほど稼働が良い路線なので、国内入域観光客が増えそうですね。

ソラシドエア、福岡乗り入れ発表 「長年の悲願実現」

2020年1月25日〜 那覇ー南通 (中国)

就航時期2020年1月25日
就航先南通
便数/週2往復
航空会社名東海航空
就航都市人口730万人(2105年)
就航都市一人当たりGDP6148ドル(2105年)

東海航空はあまり聞き慣れない名前ですが、日本初就航となる中国の航空会社。これがうまく行けば今後も日本各地に就航する可能性があるかもしれません。

東海航空、1月に那覇/南通線で日本初就航 737-800で週2便

2020年1月22日〜 那覇ー台北ークアラルンプール (マレーシア)

就航時期2020年1月22日
就航先台北、クアラルンプール
便数/週4往復
航空会社名エアアジア
就航都市人口180万(2018年)
就航都市一人当たりGDP10,942ドル(2018年)

エアアジアはマレーシアのLCC。台北経由でクアラルンプール行きの便と接続するようです。今後はマレーシアからの観光客も少し増えてくると予想されます。

クアラルンプール自体の人口は180万人程度ですが、周辺も含めると700万人を超えるようなのでそこそこの規模。

那覇-台北間を週4往復8便 マレーシアLCC「エアアジアX」 来年1月から

2019年12月27日〜 那覇ー重慶(中国)

就航時期2019年12月27日
就航先重慶
便数/週3往復
航空会社名中国国際航空
就航都市人口3100万(2018年)
就航都市一人当たりGDP9600ドル(2018年)

この便は2019年末からの就航ですが、直近だった為掲載しておきます。中国内陸の重慶。内陸部で海が無いので、沖縄はハマるかもしれません。重慶市の人口は2017年で3100万人!!!とんでもない数です。沖縄がブームになってくれると面白い事になりそうですね。

中国国際航空、那覇-重慶定期便が12月27日就航 内陸部の重要都市

就航都市 一覧表

就航時期就航先便数/週
2020年3月29日福岡7往復
2020年1月25日南通2往復
2020年1月22日台北ークアラルンプール4往復
2019年12月27日重慶3往復

今後も新しく就航が決まり次第随時追加していきます!


コメントする