マイズインバウンド株式会社 | ホテルコンサルティング・民泊運営代行

無人ホテル・スマートホテル 運営代行会社 まとめ【沖縄版】

最終更新日 : 2021年9月4日

感染対策との相性から最近急激に増えてきた無人ホテル・スマートホテル。人件費も削減できるとあって、今後もさらに増えて行くことでしょう。そこで本日は、沖縄県で無人ホテル・スマートホテルの運営をサポートしている会社をご紹介。現在有人で運営しているホテルや、無人運営だけどサポート会社の乗り換えを検討しているホテルは参考にされてください。

MYZINBOUND INC

URL

https://myzminpaku.com/mujinka

特徴

元Booking.comのコンサルタントが創業。ホテルの販売方法を大手ホテルのウェブ担当者やホテルコンサルティング会社に指導していた為、どこよりも詳しい。

ITを駆使した効率運営により、多くの業務を自動化して人件費の削減と売上向上をサポート。

有人ホテルを無人化して人件費を削減するのと合わせて、既存無人ホテルの収益改善も得意。

こんなホテルにピッタリ!

  • 人件費削減の為に無人化を検討しているホテル
  • 無人運営の委託先の乗り換えを検討しているホテル

Cozy Stay

URL

https://cozy.okinawa/

特徴

Cozy Stayブランドで沖縄県内で早くからホテルの無人運営を行う。運営施設数も多く、その実績は折り紙つき。

建築から運営までホテル事業をトータルにサポートしているが、近年は既存ホテルをCozy Stayにリブランドして運営を行う例も増えている。

こんなホテルにピッタリ!

  • これからゼロから建築を検討しているホテル

Rakuten STAY


URL

https://stay.rakuten.co.jp/

特徴

有名な楽天グループのスマートホテルブランド。全国各地にRakuten STAY名で開業しており、今、最も勢いのある企業。沖縄県内にも複数展開。

チェックインシステム等も自社システムを採用している。

基本的にはデザイン・コンセプトの計画段階からサポートしている為、新築段階から計画している場合には検討の価値有り。

こんなホテルにピッタリ!

  • 全国規模のブランドと安心感を必要とするホテル
  • これから建築を計画しているホテル

民泊運営代行会社との違い

無人ホテル・スマートホテルの運営代行は、民泊運営代行会社でも行う事は可能です。但し、ホテルと民泊では販売方法が異なる為、その違いを知らないと収益を最大化する事が出来ません。

特にホテルは民泊と違い部屋数が多くなる為、それに合った販売方法が必要となります。詳しくは下記を参考にしてみてください。

ホテルと民泊の販売方法の違いとは!? 元OTAが教える両者のターゲット顧客と集客のコツ

本日ご紹介した企業は多くのホテルをサポートしている企業である為、ホテルの販売方法を熟知しています。民泊専門の会社よりも効率よく販売が可能になりますので、選択肢の一つとして参考にしてみてください。