マイズインバウンド株式会社 | ホテルコンサルティング・民泊運営代行会社

おきなわ彩発見キャンペーン第三弾!! ホテル側の参加方法と注意点を解説!

最終更新日 : 2021年3月11日

沖縄県独自の緊急事態宣言も解除され、ようやく宿泊需要も動き出そうとしています。それに合わせて沖縄県がかねてから準備してきた「おきなわ彩発見キャンペーン第三弾」が発表されました!そこで本日は、キャンペーンの概要と、割引が適用される為に宿泊施設側で準備しておく事を解説していきます。

キャンペーン概要

期間

3月10日(水)〜4月30日(金)までの宿泊分(5月1日チェックアウト)

※楽天トラベルは3月15日〜

利用対象者

沖縄県内に住所を有する者(在留外国人を含む)

おきなわ彩発見

予算

彩発見キャンペーンの過去も含めた予算はこの様になっています。

  • 第一弾 2.3億円
  • 第二弾 1.5億円
  • 第三弾 5.3億円

過去最大の予算のようですので、前回よりは長持ちしそうです。

補助額

今回は平日と祝前日、OTAとリアル旅行社で上限額が異なります。

また、リアル旅行社でのみ取扱可能な宿泊+αでも上限額が異なるのが特徴です。

宿泊プランのみの場合(宿泊施設内での食事付きプランを含む)

補助
上限額
補助
上限額
旅行会社
形態
補助率日~木曜泊金、土、
祝前日泊
リアル80%8,000円5,000円
OTA80%6,000円3,000円
(全て1人1泊あたりの金額)

同じホテルでも、リアルで平日宿泊するのとOTAで週末宿泊するのとでは最大5,000円もの開きがあります。

追記

楽天トラベルはクーポン割引で決定しました。

クーポンの枚数が予約金額によって下記のように変わります。

  • 4,000円割引クーポン(1名利用以上、5,000円以上、の予約)(金、土、祝前日泊を除く) 495 枚
  • 6,000円割引クーポン(1名利用以上、7,500円以上の予約) (金、土、祝前日泊を除く) 495 枚
  • 12,000円割引クーポン(2名利用以上、15,000円以上の予約) (金、土、祝前日泊を除く) 425枚
  • 18,000円割引クーポン(3名利用以上、22,500円以上の予約) (金、土、祝前日泊を除く) 100 枚
  • 3,000円割引クーポン(1名利用以上、3,750円以上の予約) 250 枚
  • 6,000円割引クーポン(2名利用以上、7,500円以上の予約) 250 枚
  • 9,000円割引クーポン(3名利用以上、11,250円以上の予約) 100 枚

様々な価格帯の宿泊施設に行き渡るようにという目的かと思いますが、価格帯によってはすぐに無くなってしまう可能性もありますね。利用を検討している方は早目に予約した方が良いでしょう。

宿泊+α(交通、アクティビティ、観光施設利用など)の場合

旅行会社
形態
補助率補助
上限額
リアル80%16,000円
OTA無し無し
(全て1人1泊あたりの金額)

OTAでは、+α付きへの補助はありません。

80%という大幅割引ですが、上限がある為、高級宿だけがトクをするような感じではありません。比較的安い宿の方がお得感はあるのではないでしょうか。

「宿泊+α」は下記のようなものになります。

補助額にも記載がある通り、

  • 宿泊のみだと週末は上限5,000円
  • 宿泊+αの場合だと上限16,000円

となる為、なにかしらちょこっと付け足す事で補助額が3倍になります

その為、下記のような事が起こります。

宿泊のみ

宿泊+α

これだと、テキトーにタクシーチケットとか付けて販売する旅行社も出てきそうですね。

OTAは宿泊のみなのでそういった技は使えません。

リアル旅行社は、「補助金交付額の内、宿泊旅行商品+αを6割以上販売すること」という条件もあるので、色んなアクティビティ関連の商品も出てくるでしょう。

以前の彩発見キャンペーンは宿泊施設ばかり、かつOTAが予算をこぞって持っていってしまった為、第三弾ではこのような措置がとられています。

今回のようなリアル旅行社の補助を多くしてしまうと、リアル旅行社の予約が増えます。特に高齢者ほど店舗で予約したりする為、コロナ対策としてはどうなのかと思う次第です。

コロナの経済対策なので、非接触をメインにOTAに絞った方が理にかなっている気もしますが、今更どうこう言っても仕方ありませんね。

販売OTA

気になる販売OTAですが、まだ決定していません。

ウェブサイトにも下記の記載があります。

■OTAにおける対象事業者

楽天トラベル・じゃらん

■OTAにおける予算

補助金30,000千円

委託費 4,000千円

(OTAにおける予算を2社程度にて配分)

国内OTAで実績を持つという点から、楽天トラベルは確定でしょう。もう一社は順当にいけばじゃらん、ロビー活動を勘案すれば、JTB傘下の「るるぶ」、沖縄県企業を助けるという意味で、「ちゅらとく」が来たりしたらみんなビックリ。

→予想通り、楽天とじゃらんに決定しました

但し、OTA側で3月10日午前11時現在まだ販売されていません。それもあって事業者一覧にはまだ記載されていないようです。

「おきなわ彩発見キャンペーン」対象事業者一覧

OTA側はバタバタしてるのではないでしょうか。

OTAでの割引方法は前回の彩発見キャンペーンを踏襲するとすれば、クーポン割引になるかと思います。

キャンペーン参加方法

キャンペーンの参加ですが、ホテル側で何か申請したりする必要はありません。

申請するのはOTAとリアル旅行会社側になります。

但し、キャンペーンが適用になるのが、

シーサーステッカー取得済み施設

という条件があります。

シーサーステッカー(沖縄県感染防止対策徹底宣言ステッカー)とはコレです↓

こちらのウェブサイトから簡単な情報登録だけで1分程度でダウンロード出来ますので、今のうちに準備しておきましょう。

シーサーステッカー取得施設がウェブ上で公開されている訳ではありませんし、昨年のGoToや彩発見もステッカーが条件だったようですが、無しでも割引が適用されていました。そう考えると、意味あるのか??とも思ってしまいますが、念の為にも取得しておきましょう。

尚、OTAが決定していない為まだ何とも言えませんが、参加するにはOTA側への参加申請や、ウェブアンケート回答等がある場合もありますので、OTAが決定、申請方法が判明次第追記していきます。

彩発見キャンペーンの注意点

キャンペーンの注意点は、GoToとの併用は無いという点です。

事務局に確認した所、GoToが始まった時点で本キャンペーンは停止するそうです。

但し、停止前に既に入っていた予約はそのまま割引が適用になるとの事でした。

GoToが始まるまでの暫定的な補助ですが、これを利用して県内観光を盛り上げていきましょう!

コメントする