那覇市国際通り周辺に新築ホテル乱立!という噂を聞きつけたので、現地を練り歩いて調べた結果を報告!(2019年8月更新)

沖縄随一の観光地といえば国際通り!始めて沖縄を訪れる方は必ずと言っていいほどここに来るハズです。人気観光地だけあって、存在するホテルもかなりの数に登ります。そんな国際通り、宿泊施設も飽和気味かと思ったら、現在さらに建築が進んでいるというではありませんか!建築中であればまだウェブにも出てこないので、いっそ行って確かめて来ました!今日はそんな国際通り最新情報をお届けします!

記事を作製したのが2018年8月だったのですが、結構アクセスがあるので、改めて2019年現在の状況を確認してきました。最新画像とのビフォー・アフターをお楽しみ下さい!

 

国際通りとは

 

もはや説明する必要も無いので、詳細は省きますが、どれくらいの価値のある場所なのかという点をご紹介します。

 

沖縄県内で地価が最も高いのもこの通りです。具体的に言うと、最も高い所で坪単価334万円!!!こんな感じになっていました。

https://tochi-value.com/okinawa/naha/

 

334万円の久茂地3-1-1はここ

国際通りの入り口のみずほ銀行が入っているビルですね。入り口から右上に伸びているのが国際通り。

 

こんなバカ高い所にホテルなんてボコボコ建つもんなのか?いやそもそも土地があるのか???という疑問もありますが、とりあえず練り歩いてみました。

 

今回は国際通り入り口から右上に練り歩いた順にご紹介します。

 

①ホテルロイヤル松尾 → 個室HOSTEL美らCABIN

2018年8月

まず見えてきたのがホテルロイヤル松尾。ちょっと今風では無い名前ですが、まぁ、仮称でしょう。オープン時には違う名前になっているかと思います。

 

50-100室位の規模になりそうです。中規模ホテルでしょうか。

 

↓↓↓

2019年8月

こんなキャビンホテルになっていました。

やはり仮称でしたね。

 

②CHC那覇ホテル → HOTEL COLECTIVE(ホテルコレクティブ那覇)

2018年8月

次に見えてきたのがCHC那覇ホテル。元「国映館」という映画館があった広大な跡地に建築中の巨大なホテル。台湾のセメント会社が建築してるとか。

 

13階建て+地下1階! 恐らく数百室規模になりそうな大きさ!このあたりでは最大のホテルになりそうです。「8棟」となっているのが気になりますね。大型一棟では無く、小型のタワー型が8棟?? まだ基礎工事が終わった所のようなので、全貌が全くわかりません。

 

2019年8月

↓↓↓

 

 

間もなく完成!にしてもデカイ!! 8棟というのは何だったんでしょうか?写真の通り一棟の巨大なホテルでした。

 

 

③ホテルランタナ那覇国際通り (名称変更無し)

 

2018年8月

次はホテルランタナ那覇国際通り。こちらは10階建てですが、敷地があまり広く無く、100室前後の規模になりそうです。

↓↓↓

 

2019年8月

青いガラスが印象的な小洒落たホテルになっていました。

一階には観光客を意識してかドラッグストアが入っています。とにかくこの立地は最強です。

 

④パームロイヤル那覇 別館

 

2018年8月

次はパームロイヤル那覇さんの別館。本館の隣に新しく建築中のホテル。別ホテルでは無く、本館と結合させてるようなので、本館増築といった所でしょうか。といってもゼロから建築しているので、内装も外装も新築のホテルです。規模はそれほど大きく無く30室位。

 

↓↓↓

 

2019年8月

別館の後に今度はいきなりプールがオープンしていました。

 

国際通り沿いなのにプール???という驚きから外観を撮り忘れてしまいました。。。今度再アップします。

プールは、夜はライトアップされてプールサイドバーも併設されているので、ムードいっぱい大人のスポットになります。

 

⑤EXES NAHA (名称変更無し)

2018年8月

ちなみに、国際通り沿いではありませんが、国際通り近くにEXES NAHAというかりゆしグループのホテルも建築中でした。10階建ての67室だそう。写真を取り忘れたのでパース画像で

↓↓↓

2019年8月

ほぼ完成しています。間もなくオープン!

 

各ホテルの位置関係

 

ざっと巡っただけでも5棟が建築中でした。位置関係はこんな感じ

国際通りから奥に少し入ればもっと建築している所もあるかと思われます。それくらいバブってる印象でした。民泊は規制規制でなかなか始めるのが難しい那覇市ですが、ホテルは死ぬほど建っているこの矛盾! これだけホテルが多いので、ホテル協会がロビー活動で民泊を規制させているのでしょう。

 

いずれにせよ、沖縄はまだまだ宿泊需要が増えていくという事実のご紹介でした!

コメントする