マイズインバウンド株式会社 | ホテルコンサルティング・民泊運営代行会社

2回目の緊急事態宣言が沖縄観光に与える影響はこれくらい!

最終更新日 : 2021年1月6日

コロナ陽性者数が増えるのに伴い、2回目の緊急事態宣言が発出されようとしています。その是非はさておき、仮に発出された場合の沖縄観光への影響を、4月に出された1回目の緊急事態宣言と対比して各種指標から考察していきます。(前置き硬いな!)

1回目と2回目の緊急事態宣言の違い

まず1回目と2回目の緊急事態宣言の違いを調べてみました。

一覧にすると下記のようになります。

緊急事態宣言比較

項目1回目2回目
開始2020年4月7日2021年1月7日?
終了2020年5月25日2021年2月? 1ヶ月程度?
期間1.5ヶ月1ヶ月?
地域7都府県→全国東京、神奈川、埼玉、千葉→?
自粛要請事項県外への移動飲食店への時短要請接待伴う飲食全般生活・健康維持に必要なもの以外全てGoToトラベルの停止延長飲食店への時短要請午後8時以降の不要不急の外出の自粛
制限業種保育園〜大学まで全て公園・博物館・図書館含む多くの業種にテレワーク推進小中高校や大学に対する休校要請は無い

感染状況によって今後変更の可能性はりますが、現時点でわかっている内容で比較すると、大きな違いは下記の3項目になるかと思われます。

  • エリア :全国か関東限定か
  • 期間 :1ヶ月半か約1ヶ月か
  • 自粛要請事項 :ほぼ全ての活動か飲食・旅行等か

参考

緊急事態宣言 1回目の状況

1回目の緊急事態宣言が入域客数に与えた影響

では1回目の4月の緊急事態宣言が沖縄県への入域客にどのような影響を与えたのか見てみます。

緊急事態宣言直前の3月の40万人から 5月の4.4万人と、およそ10分の1近くまで落ちこんでいました。

最新の12月の入域客数はまだ発表になっていませんが、11月の入域数からすると、約40万人程度になるはずです。

丁度1回目の緊急事態宣言直前の3月と同水準です。これ2回目の違いを織り込む事でどこまで変わるのか。

2回目の緊急事態宣言が与える影響

先に見た1回目と2回目の違いでいうと、今回の緊急事態宣言はエリアが関東限定となっています。

沖縄県 入域客数 11月

沖縄入域客数における関東の割合は約50% これだけでも、影響力が半減します。

期間は1.5ヶ月→1ヶ月 だとすれば3割減

自粛要請項目もGoToトラベルの停止が延長されそうなのは痛いのですが、前回はそもそも、そんなものは無かった為、今回との違いはありません。

以上から、1回目の緊急事態のパンチ力が100だったとすれば、2回目の緊急事態宣言は35(100×50%x70%)くらいになるのではないかと推測されます。

100のパンチ力で入域客数を10分の1にしたとすれば、

35のパンチ力だと推測できる入域客数は65%くらい? (安直ですみません)

12月の入域客数約40万人の65%は26万人 

昨年9月と10月の間くらいの入域数に戻るイメージでしょうか。

とはいえ、前回の緊急事態宣言と違うのは、国民の慣れでしょう。毎回至る所で自粛自粛が叫ばれている為、狼少年よろしく、前回程の大きな効果は期待出来ないのではないかと推測しています。

緊急事態宣言延長の可能性は?

上記の推測は現時点での「関東限定」「期間は1ヶ月」を前提にしています。コロナ陽性者が増えれば当然他のエリアにも緊急事態宣言が広がるし、期間も長くなります。

では、コロナ陽性者はいつ頃減少に転じるのか。素人意見よりもグーグル神がビッグデータを元に発表している予測があるのでそちらを参考にします。

COVID-19 感染予測 (日本版)

まずは全国 ↓ 1月21日を境に減少するという予測です。

次いで東京↓ 同じく1月21日をピークに急速に減少

そして沖縄↓ 何故か沖縄だけ変な波になっています(笑)冬が無い為、急激に増えたりはしていないのかもしれません。

こちらの予測は、1月6日時点での予測ですので、まだ2回目の緊急事態宣言は考慮されていません。緊急事態宣言がコロナ増加に影響があるとすれば、1月21日よりも早い時期にピークアウトしていくでしょう。営業が無くても21日頃から減少していくとグーグルを信じたい。

以上から、2回目の緊急事態宣言が1ヶ月以上続くのは考えにくいかと思われます。

まとめ

現状から推察できるのは

2回目の緊急事態宣言の影響は1回目の3分の1程度のインパクト

という事です。

状況は日々変わっている為、こうなるという確証はありませんが、なんとなく

「マズいぞ!影響が大きそう!」

とか逆に

「どうぜ大した事無い」

等と思うよりは、ある程度の確証を持ってこれからの心の準備や対策が出来るのではないでしょうか。

コメントする