コロナ渦中にホテル・民泊で出来る対策まとめ

ほぼ全ての宿泊施設がコロナウイルスで大打撃を受けています。かと言って嘆いていても現状は変わりませんんので、今日はホテル・民泊の宿泊施設がコロナ中に実際に行っている、行える対策、施策をまとめてみました。ご参考にされて下さい


ホテル編


閉館→他館振替え

これは近隣で複数ホテルを運営しているホテルグループだからこそ行える技なのですが、いくつかのホテルを一定期間完全に閉館して、別のグループホテルにゲストを振り返るというもの。ホテルとしては複数のホテルを低い稼働で回すよりも、いっそ一箇所に集中させる事で、閉館するホテルの人件費、光熱費を削減出来ます。実際に沖縄県内で行っているホテルもあるようです。実行する場合はよりグレードの高いホテル、立地の良いホテルへ振り返るようにしないとクレームになるのでご注意下さい。

もう一つ注意しなければいけないのは、一時閉館の間販売がゼロになって、その間予約サイト内で「売れていない宿」になる点。あまり閉館が長くなり過ぎると再開後に掲載ランキングで少し苦労するかと思います。

朝食クローズ

稼働率が低い中、朝食バイキングを続けていると赤字を垂れ流す事になってしまいます。既に朝食付きで予約を取ってしまっているので、朝食クローズは簡単にはいきませんが、予約時にバイキングと謳っていなければ、例えば朝食弁当にしたり、場合によっては隣のホテルと提携して朝食のみ隣に食べに行ってもらうという事も費用削減になるかもしれません。

コロナキャンペーン

メディアでも話題になっていますが、この際コロナウイルスキャンペーンを打ってこの期間だけの特別価格を出して乗り切りましょう!

ホテルではありませんが、例えばこんな感じ↓

兵庫県姫路市の日本料理店「竹善」が、「コロナウイルス、ゼロ」を願って、1万5千円相当のコース料理を5670円(税・サ別)で提供している。コースには神戸牛のステーキが含まれ、同店は「おいしい肉を食べて、コロナに負けず元気になってください」と力を込める。

利益度外視「コ・ロ・ナ・ゼロ」コース 5670円で

ブランディング云々で安売りはしたくないというのもわかりますが、背に腹は替えられません。こういった逆境に負けない精神は必要です。

ちなみに弊社でも民泊の運営代行でキャンペーンやってますのでどうぞww(宣伝)↓
コロナこの野郎!大した事無いくせに!コロナウイルスが落ち着くまでコロナキャンペーン始めます!

閉館して改修工事

しばらく閉館する必要がある大規模改修にこれほど最適な時期はありません。最低でも向こう1、2ヶ月は苦しい時期が続くのですから、このタイミングでいっそ閉めて改修に集中するのも手です。ただ、コロナの影響で建築資材が届かず工事自体が出来ない可能性も否定できません。

大規模で無くても、ここで客室に何か手を入れるのは良いタイミングだと思って割り切って行きましょう。


民泊編


部屋を一部のみ利用

一戸建て等の大型物件という前提でお話します。大型物件の良い点は、

  • グループで宿泊出来る為に一人あたり費用が安く済む
  • 清掃費用も長期で宿泊すればそこまで大きな負担にはならない

というのがあります。インバウンドはグループかつ長期のゲストが多い為、うまくハマっていたのですが、ほとんど日本人のみになってしまった現在ではデメリットの方が大きくなってしまっています。日本人はグループ旅行もあまり多くなく、かつ長期休暇が取りにくい文化もあって短期の少人数での宿泊がメインになってきます。そんなゲストにとっては、一戸建てのような大型物件はそもそも高くつきすぎてしまうのです。

そこで、現在の状況に微調整する必要があるのですが、その一つとして

利用部屋数を限定

という方法があります。例えば3ベッドルームの物件なら、1ベッドルームのみ利用するプランで安く販売するのです。残り2ベッドルームは鍵かけるなりして利用不可にする。清掃業者と相談の上、1ベッドルームのプランの場合は清掃費用を安くしてもらう等をすれば、少人数にも対応出来て費用も抑えられる物件に変わります。

コロナのせいでグループでの動きも鈍っている為、単身者の方が予約は動いています。グループ狙いで予約ゼロよりは、少人数でわずかな予約を取りに行くというのも一つの方法です。

外人住宅に変更

沖縄では在沖米軍に賃貸する住宅を「外人住宅」といって昔からおいしい投資の形態でした。賃貸で20万〜40万円程度で借りてくれる米軍はありがたい存在。ただ、最近まではインバウンド需要もあって民泊の方が儲かる形態になっていたんです。

これが、コロナの影響で民泊は全く儲からない形態に早変わり。ウイルスなので一時的なものにはなりますが、落ち着くまで米軍に貸すという選択肢を模索されるオーナーもいるようです。基地の多い沖縄本島中部地域であれば取れる選択肢ですね。

ただ、コロナの影響で米軍も基地外に出るなという司令もあるようなので、今すぐに貸せるものではないかもしれません。

賃貸に転用

外人では無く日本人相手の賃貸にするという作戦もあります。アパートタイプの施設ならマンスリーへの変更もありでしょう。ただ、同様の施設が多くマンスリーに流れ込んでくる可能性があり、そこまでマンスリーの需要があるのか不明です。実際、「那覇市 マンスリー」検索すると、アパートホテルで販売していた施設もちらほら。近年、沖縄県内で最も増えた宿泊施設タイプは「アパートタイプ」になるので、需給バランスが合わない可能性も大です。

どうにか賃貸に回せる場合でも、通常の2年契約では無く1年契約にすると良いかもしれません。その方が観光需要が回復した時により柔軟に儲かる方を選べるのでオススメです。

注意点は、ホテルの一時閉館同様、賃貸中は予約サイトで売れない宿になるので、再開時の掲載ランキングに苦労するかと思います。アパートタイプなら折衷案で、1フロアごとに賃貸とホテルを分けるのも有りかと思います。

ウィークリーという選択肢もありますが、ウィークリーにするくらいなら、そのまま予約サイトで7連泊プランで安く設定した方がゲスト目線で見ても賃貸の煩雑な手続きが無く、良いのでは無いかと思います。

Airbnb以外の予約サイトへ参画

これまで民泊といえばAirbnbだった事もあり、Airbnbのみで民泊を回していた方も多いかと思います。ただ、Airbnbはインバウンドゲストが多い為、今回のコロナショックで海外航空便が軒並み運休になる中、Airbnb一本でやっていた民泊は予約ゼロが続いているのではないかと思われます。

実際に海外直行便が3月23日のシンガポールー那覇線を最後にゼロになってしまいました。海外便がゼロになるのは、1979年以来40年ぶりとか。

そこで可能性を見いだせるのが日本人を取り込める予約サイトです。そこで、コロナショック前後の主要予約サイトの送客力をまとめてみました。

主要予約サイトの沖縄県内への送客力

予約サイトコロナ前トータル予約ボリュームコロナ前国内客比率コロナ前国内客予約ボリューム (予測)コロナ係数51.3をかけた現在の予約ボリューム(予測)
楽天トラベル10095%9549
じゃらん60100%6031
アゴダ8015%126
ブッキング・ドットコム10040%4021
エクスペディア6035%2111
エアビーアンドビー6015%95

※1 コロナ前国内客比率は各種ヒアリングより推計

※2 トータル予約ボリュームは楽天トラベルを100とした場合の各社の予約ボリュームをヒアリングより推計

※3 コロナ係数は沖縄コンベンションビューロー予測による3-5月の国内客入域数より 

参考)新型コロナ 観光客152万人と消費額1024億円消える 沖縄3~5月前年比 OCVBの推計

みてわかるように、日本人送客力では楽天がNo.1です。しばらくは日本人予約に頼る他ないので、旅館業を持っている施設は日本人を取り込む為にこぞって楽天トラベルに参画していると思われます。実際に楽天側に聞いても最近非常に多くの新規登録があるそうです。その為か、登録しても通常より楽天側の準備に時間がかかってなかなか販売開始出来ません。。。

一点注意が必要なのが、楽天はあまり民泊には向いていないという点。もともとがホテル予約サイトだった事もあり、民泊によくある「清掃料/滞在」という設定が出来ないのです。清掃料を1泊あたり料金に上乗せする必要があるので、割高になってなかなか予約が入らない。。。かといって楽天ライフルは予約が全然入らない。。。

そうならないように楽天で販売するなら、最低宿泊日数を設定したり、上乗せ料金がちょうど良くなるように調整する必要があるのですが、それでも民泊の予約は入りにくい印象です

じゃらんも同様な上、じゃらんは登録にFAXが必須なので個人で民泊をしている方には不向きでしょう。

ではどうするか。実感値ですが、ブッキング・ドットコムが日本人利用者もそこそこいて、民泊との相性も良いかと思います。エクスペディアも楽天、じゃらんに比べて民泊との相性はいいのですが、エクスペディアは旅館業を持った別荘・民泊スタイルの施設の登録が4月いっぱいまでだそうです。4月以降はグループのHomeAwayでしか登録出来ないようなので、ご希望の方はどうぞ。いや、登録しないで頂けるとライバルが減って助かりますww

以上、ホテル・民泊が取れるであろうコロナ対策でした。他にもこんなのがあるよという方いらっしゃれば教えて下さい!ほんとに良い対策なら誰にも言わずに自分だけやるか?


弊社ではホテルの収益改善のお手伝いと旅館業民泊の運営代行を行っております。こちらで提供サービスのご紹介をしていますので、気になった方はお問い合わせ下さい。


コメントする

お電話でもお気軽にどうぞ! TEL : 098-894-3597
お問い合わせ
お問い合わせ