Bリーグ 2017-2018 公式発表のスリーポイントランキングに意外な新事実!隠れトップはあの人!

毎回民泊の真面目な話ばかりをしてもつまらないので、たまには民泊とは全く関係の無い話題で一人で盛り上がってみたいと思います。

 

今日の話題はプロバスケットボールBリーグ!! 以前にも少し触れましたが、私妻の影響でかなりのBリーグファン!地元の琉球ゴールデンキングスの大ファンなのであります。時期的にも今日からチャンピオンシップが始まるのでちょうどいいかと思います。意外な事実をお楽しみ下さい!

 

各種ランキング

 

プロスポーツの醍醐味は、生観戦ももちろんありますが、選手各個人のデータもまた楽しみの一つ。そんな選手個人のデータのランキングがここで確認する事が出来ます。

 

Stats Leaders

 

得点ランキングやリバウンドランキングもいいのですが、今日スポットをあてるのは3ポイントランキング!レギュラーシーズンが終了した時点でのランキングは下記

我らが琉球ゴールデンキングスからは岸本隆一選手が8位にランクイン!トップの喜多川選手は去年まで琉球でプレイしていたので嬉しいですね。

 

ところが、このランキング実は制限があって、ウェブサイトにも記載されている通り

 

※B.LEAGUE B1リーグ戦51試合(全試合数の85%)以上出場、かつ、B.LEAGUE B1リーグ戦での3Pシュート成功数が90本以上(1試合平均3Pシュート成功数1.5本以上)の選手が対象

 

なんですね。実は喜多川選手よりも成功率が高いけどあと一歩のところでランキングに漏れた選手がいるのです!今日はその隠れ3P王にスポットを当ててみます!

 

喜多川選手(確率41.7%)よりも成功率の高い人はこの二人!!

田代 直希!!(琉球) 確率41.8%

 

そう、我らがキングスの田代選手、実は岸本選手よりも確率が高かったって知ってました??シーズン後半の3ポイントはほんとすごいものがありました。ただ、先に触れた成功数90本以上にあと一歩届かずの84本! そのためランキングには入っていないのです。シーズン前半はスタメンでもなくそれほど試合にも出ていなかったのですが、後半大爆発した感があります。最近はスタメンに定着しているので、それを考えると来年はランキングトップに躍り出ているかもしれませんね。

 

田代選手の細かいスタッツはこちらで確認できます。

 

そしてもう一人はこの人!!

富樫 勇樹(千葉)  41.8%

 

田代選手と同じ確率!!しかも冨樫選手の身長は167cm あの小さな体で自分より大きなブロックを交わしてからのこの確率なので恐れ入ります。冨樫選手はシーズン途中で怪我をして出場出来ない期間があった為、規定の51試合以上出場にあとわずか1試合届かずの50試合の出場。来年は3ポイント王ほぼ確実かもしれませんね。

 

冨樫選手のスタッツはこちらで確認出来ます。

 

さらに確率の高い選手はこちら

 

実はこの二人以外にも3Pの確率の高い選手はいるのですが、規定に全然届かないので来年は田代選手と冨樫選手がランキングに入ってくると予想します。

 

せっかくなので二人以外の選手もご紹介

 

マーク・トラソリーニ(北海道)41.8%  64/153

木下博之(大阪)42.6%  55/129

ニックファジーカス(川崎)44.6%  62/139

 

この3選手が来年面白いかもしれません。特にニックファジーカスは最近帰化して日本人枠での出場が可能なので、来年はより多くの試合に出てもっと3Pシュートを決めてくるかもですね。

 

2018-2019 3Pランキング予測

 

これを元に来年のシーズン終了時点での3Pランキングはこんな感じでしょうか?

 

1位 ニックファジーカス

2位 富樫 勇樹

3位 田代 直希

4位 喜多川修平

5位 大塚 裕土

 

純粋に3Pシュートだけを取ると、三河の金丸晃輔選手、川崎の辻直人選手あたりがトップなのでしょうが、この二人はうますぎて相手チームが鬼のようなディフェンスで止めにくるので実際の試合での確率はトップではありません。来年も同様かと思います。

 

そんなこんなで来年の予想をしながらこれからチャンピオンシップ第1戦を観戦します!


 

コメントする